Repair~家具修理例のページです。

修理例:病院待合ベンチの張り替え

張り替え修理前のベンチ

都内 大田区某医院


某医院様の待合室です。
お子様の患者さまが多いとの事でカラーにこだわって張り替えました。
カウンターチェアーも張り替え、待合室全体が明るくなりました。

修理例価格
■待合2人掛けベンチの張り替え/ビニールレザー使用
34,500円/1台 税別
■待合カウンターチェアー張り替え/ビニールレザー使用
7,000円/1脚 税別
※上記は参考価格になりますので一度ご相談ください。


病院待合ベンチの張り替え後


修理例:イームズ アームシェルチェアー サイドシェルチェアーの張り替え

張り替え修理前のイームズ アームシェルチェアー サイドシェルチェアー

都内 某事務所


イームズのアームシェルチェアーとサイドシェルチェアーの張り替えを行います。
エッジの部分は丁寧にミシン目をほどいて再利用します。クッション材のウレタンは新しく交換します。
お好きな張り地を選んでいただき、先ほどのエッジを使い丁寧にミシンをかけてシェルにかぶせていきます。 張り地を変えるだけでとても印象が変わります。

参考価格
■サイドシェルチェアー張り替え(ウレタン交換込み)
20,000円/1脚 税別
■アームシェルチェアー張り替え(ウレタン交換込み)
25,000円/1脚 税別
上記価格は張り地代は別途になります。お好きな生地をお選びください。
※上記は参考価格になりますので一度ご相談ください。


張り替え後


修理例:いす・ソファーの張り替え

張り替え修理前の椅子

都内 H邸


長年使って、痛んだソファや椅子の生地を張り替えます。
お好みの生地を様々な種類の中から選んでいただき、ご希望に合わせて中身のクッション材なども交換して、お好みの硬さに仕上げる事も出来ます

修理例価格
■2人掛けソファー(2Pソファー)張り替え/ビニールレザー使用 ウレタン交換
W1550 D850 H850(単位:mm)
94,000円/1脚 税別
■1人掛け肘付きチェアー(アームチェアー)張り替え/ビニールレザー使用 ウレタン交換
W700 D720 H850(単位:mm)
44,500円/1脚 税別
※上記は参考価格になりますので一度ご相談ください。


張替え修理後の椅子


修理例:ダイニングチェアーの張り替えと木部修理

木部修理前の椅子

都内 M邸


木部修理後の椅子

こんな症状ありませんか?“椅子木部のよくグラつく箇所”


Process

Process1分解できるところまで分解します。
無理矢理分解はいたしません。破損の原因になります。


Process2ハタガネという道具を使い木工用ボンドにて接着固定します。


Process3一晩固定して、ハタガネをはずしたら完成です。



修理例:いす・テーブル・タンスなどの家具再塗装

塗装直し修理前のたんす

茨城県 S邸


塗装直し修理後のたんす


修理例:古家具再生

再生前の椅子

都内 T邸


時代を感じる椅子の張替え修理です。
その時代に使われていた素材や技法は、天然素材等も使用しており、時間をかけて良い製品を作っていたからこそ現在まで使用できています。
再生には熟練した職人が昔ながらの技法を用いて極力天然素材を使い再生していきます。
通常の張替え修理よりは多少お時間がかかります。

修理例価格
■アームチェアー木部直し、剥離再塗装、張り替え
130,000円/1脚 税別
※上記は参考価格になりますので一度ご相談ください。

再生後の椅子

Process

Process1再生前 写真ではわかりずらいですが、生地も傷んで肘掛部分などは木目も見えなく、あまりキレイでは無い塗装がしてありました。座り心地も、座ると底が抜けている感じでクッション性がまったくありませんでした。

Process2中身がわかるように、生地を半分剥がしてみました。
中のクッション材は時代を感じさせる芝草・パーム・麻・藁など現在ではあまり使われない天然素材を使用していたり、単バネを一つずつ丁寧に入れるなど手間のかかる技法を使い、クッション性の良い作りをしていました。 しかしバネを止めるバネ糸やバネを受ける麻テープなどが切れていて、まともに座れる状態ではありませんでした。


Process3一度全ての部材を外して、木部がグラついていた所は木部修理をします。
肘掛部分は前の塗装を剥離して、新しい塗装をすると美しい木目が出てきて印象がガラっと変わります。

Process4クッション性を良くするため、熟練した職人がバネを受けるテープを張り、単バネに一つ一つバネ糸をかけていきます。バネ糸をかける時にバネを押さえる高さの加減でバネのふらつきを防ぎ、バネの上に乗せるクッション材の分量や座面の高さ決めながらクッション性を高めていきます。


Process5藁を巻いた土手で椅子の形を作り、中のクッション材にパームや綿を敷き詰めて、その上にウレタンフォームを乗せます。

Process6新しい生地を張って完成になります。
この椅子の場合、張り方も一枚の布に切り込みを入れながら張っていく技法で、型をとってミシンをかけるのとは違い、ハサミの入れ方と張り加減一つで形の良し悪しが出てしまいます。
シンプルな技法ですが、熟練した感覚がなければ出来ない技術です。



修理例:籐椅子張替え

張替え修理前の椅子

都内 A邸


籐の張替えも行っております。
古くなった籐は切れやすく、一度切れ始めるとどんどん切れていきます。 早めの張替えをお勧めいたします。 今では、すでに編み込んである既製品のシートを張ってあることがほとんどです。 しかし、中には手編みで一本一本編み込む仕様になっている物もあります。 一度、拝見させていただいてから判断させていただきたいと思います。
写真ではダイニングチェアーの背の張替え写真ですが、ラタンで出来ているソファーの直し も行っておりますのでお問い合わせください。
また、Yチェアーのようなペーパーコードの張替えも行っております。

修理例価格
■籐の張り替え(背面)
11,000円/1枚 税別

張替え修理後の椅子


修理例:桐たんすの再生

再生前のたんす

茨城県 S邸


桐たんすの再生も承ります。
仕上げは砥の粉仕上げと、時代仕上げとあります。
写真の仕上げは砥の粉仕上げです。 状態によって仕上げが変わりますので、まずはご連絡下さい。

修理例価格
■桐たんすの更生
W900 D390 H1520(単位:mm)
154,000円/1台 税別
※上記は参考価格になりますので一度ご相談ください。

再生後のたんす


修理例価格、参考価格は目安にして下さい。記載されている価格は税別になります。一つ一つの椅子、ソファー、家具は形も違えば大きさも違います。また、使用年数によっても傷み具合が違ってきます。特に張り替えは張り地によっても値段が変わります。お見積りは無料です。まずはお問い合わせください。


ページトップへ

photo Page title photo
大量生産では出来ない職人による業物
単バネによる適度な沈み込みは、バネの番線、巻き数、糸のかける時の押さえ具合、で決められ、職人の長年の経験により体現されます。